2008年05月15日

#157来りゃいいんじゃねーの?

いやー一ヶ月も放置する気なかったんだけど
その間にも引き分けたり勝ったり、ええまぁそれなりに
出来事はあった訳ですが例によってズクが抜けておった、とゆー。

しかし、今日の未明あたりからまたトンでもないニュースが。
みなさん御存知と思いますが
FC東京、ホームスタジアム移転検討…芝の状況が悪い(サンスポ)
東京が荒れすぎピッチ味スタから移転検討(ニッカン)
東京のホーム暫定移転先に松本市が浮上(ニッカン)
このままなら味スタで戦えない 村林社長 スタジアム移転を示唆(トーチュウ)

まずは見出しを読んで
「ぬわにぃいいいい!!!オラ聞いてねぇぞ!」と激怒し(笑)
日中仕事の合間に携帯でニュースをチェックしてはそわそわ・・・
どうにも落ち着かない一日を過ごしていたんですが

記事の文面を読む限りどこにも「引っ越す」なんて書いてないじゃん?
せいぜい「味スタ側と今揉めてるんでちょっと家出しちゃいます」
程度に読めるくらい
それも「おととし行った松本の友達のアパートキレイだし〜」
とかなんじゃねーの?
本気で東京捨てますなんて書いてないじゃん

何試合か使いたい、ってんでしょ?使やいいじゃん
ただしウチの日程優先な!
アタリマエじゃん?俺らんチだもん

アトさ、どうせ来るんなら本気で交流しようぜ
選手同士とかフロントとかボラとかサポとかよ。
空身で来るなよな
いいじゃんかよセンパイ〜、ってのが今の気持ちかな?

ま、当分気にはなるけどそれよか大事なのはレギュラーシーズン!
今週末は石川遠征。去年、煮え湯を呑まされたフェルヴォローザ戦。
気を引き締めていかないと!
posted by sin at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

#148 期するもの

突如として連日更新でお送りしておりますが
またしばらくしたら
放置に戻るでしょうから心配しないで下さい、ええ。

さてブログは続かない私ですが
昨年シーズン開始時にひとつだけ心に期した事がありました
それが「公式戦全試合参戦」皆勤賞ってのですね

大小のピンチはありましたが
結果、無事全てのゲームに駆けつける事ができました
周りの皆様ありがとうございます!

なんで今更なのかてと
今年も公式戦日程が生真面目に公開されたので
単純に思い出しただけなんだけどね

さて発表された日程を一見して解るのは
キレイに一節おきにホームアウェイが変わってるのと
比較的アウェイゲームが早い時間な事かな
また早起きしなきゃだなぁ
もちろん今年も公式戦全制覇目指しますよ

今日のもうひとつのニュースは山雅初のレンタル契約選手誕生
MF・川田 和宏(かわた かずひろ)選手
かなり技術のある選手みたいですね、そして多くを語らない(笑)
記者会見でどんなコメントを出してくれるのかも注目です
posted by sin at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

#143 アルウィンにて

アルウィンを含む信州スカイパークを管理するTOYBOXさん主催による
「遊んで学んでスカイパーク」のイベントのひとつとして
松本山雅FCの選手サイン会・ミニミニサッカー
そして昨シーズンのビデオライブが行われました(明日11日も)
DSCF0934.jpg
実はこのイベントのもうひとつの「オイシイ」ポイントは
普段では入れないエリアに自由に入れる事
ミニミニサッカーはウォームアップ室
サイン会・ビデオライブはロッカールーム
選手達があの試合、この試合でピッチに飛び出す前の時間を過ごした
この場所に入る事が出来るのは貴重な体験になるんじゃないかな?

それにしてもわが街に山雅というチームは根を張り始めている
ビデオライブ会場の装飾の関係で僕は午前中からそこにいたんだけど
ホントーにぱらぱらしか人が来ない
そりゃそうだ興味のある人ならもう何回も見た映像だもの


ところがサイン会の始まる直前になったら
廊下にあふれ出す位の親子連れがどっと押し寄せてきた
ざっと80人以上はいたんじゃないかな
ビックリしてTOYBOXの方に「動員しました?」って聞いたら
「まさか!」との事(笑)
でも非常に手ごたえは感じて下さっていた様で
また何か機会を設けたいなぁ、とも。

今日、明日でどの位の数の子供達がアルプちゃんや山雅の選手達と
アルウィンでふれあうんだろうか?
この場所に来た事、選手とサッカーに興じた事を含めて
みんなの心に何か残ってそのまま大人になってくれれば
関わった者としてこんなに嬉しい事はないです
posted by sin at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

#138 いつかまたAlwinで

071225_1813~0002.jpg

今年もまたお別れの時が来てしまった
分かってはいても本当に切ないね・・・

退団選手のお知らせ

4 MF 尾林 陽介
9 FW 保利 祐介
10 FW 白尾 秀人
16 MF 宮田 潤一
18 DF 川上 耕平
19 MF 中村 隼人
23 MF 松下 晋也
27 GK 山本 陽介

尾林選手
足の状態、そんなに悪かったんだね
そんな中でもフル出場して貢献してくれた。
君がいなかったら実りの秋はなかったよ、ありがとう!

保利選手
サポーターから見て凄くポテンシャルを持て余しているように
見えてしまいゴル裏から「おいヤスー!」との声が多かったね(笑)
もっと君なら出来るはず!頑張って!

白尾選手
去年、今年と君のおかげで勝てたゲームは多かったです
また後輩への指導もしてくれていたのはやはり「元J」ならでは
おそらく君は移籍してどこかでまたぶつかるでしょう
楽しみにしています

宮田選手
松本っことして4年間チームの激動と共に頑張ってくれてありがとう
きっとこれからこの経験が生きるはずです
これからもまた松本にいてくれるのかな?

川上選手
去年、今年と経験を重ねて攻撃参加もできるようになったのは
自信になったんじゃないかな?
地域決勝での君らしい“泥臭い”得点シーンは忘れられません

中村選手
二部時代から山雅を支えてくれた事、本当にありがとう
試合に出れば労を惜しまず本気の「無駄走り」
サポーターは皆感動していましたよ
全社・北信越でのゴールは忘れられません!

松下選手
君ほど短期間でチームに馴染んだ選手を知りません
北信越の優勝が決まった時はもう元から居たようだった(笑)
プレイも卒なく、君はこれからどこのチームでやるんだろう?
気になります

山本選手
3rdキーパーという恵まれないポジションにもかかわらず
明るくチームの中でも可愛がられていた君
サポーターはみんな君の努力を見ていましたよ!
これからもくじけず頑張れ!

僕達サポーターはこれからもあのアルウィンに居つづけます
フィールドでなのかまた観戦者としてなのか分からないけど
またあの場所できっときっといつか再会しましょう
それまで・・・さようなら


posted by sin at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

#123 Alwin night

第12回天皇杯長野県予選、準決勝
対日精樹脂工業
3−0
得点者
高沢
白尾(PK)
尾林(移籍後初)

9・2県決勝進出決定!
同日行われた写真パネルオークションも盛況だった様子
落札者のみなさんおめでとう!
DSCF0871.jpg
posted by sin at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

#98 アルウィン=野外舞台論

7029508.jpg
昨年、06シーズンの第11節に行われた信州ダービー2ndは
僕達の心にまだ新しい記憶として残っている

松本山雅公式

ゲームの内容もさる事ながら
当日あの場所にいた者の思い出は天候の事だろうね
まるでゲームの展開にシンクロするかのように
叩きつける雨や、厚い雲を割って陽の柱が差し込んだり
さながら演劇のように目まぐるしく天候が変わっていった事を
俺は昨日の事の様に思い出せる

誰もが下着までズクズクになりながらも
おかまいなしに歌い、ハネ続けていたんだ
まるでライブ会場のオーディエンスみたいに

ところで先週の富山戦で
はじめてアウェーの地に参戦した方も多いと思うけど
競技場に入って実際どう感じただろうか?
僕は「案外マシな方かな?」程度に思ったのだけど。
やっぱりゴル裏が欲しいよね・・・

実際応援をする身としてやっぱり横からはやり難い。
視界も限られてしまうし、なんといっても“対戦”している感じがしない。
「フィールドを挟んで対峙する色違いのサポーター」
「ぶつかりせめぎ合うチャント」
やっぱりコレがないとね!って思うんだ

俺達はその面でもの凄く恵まれている
国内でも指折りの専用スタジアムをホームにしているのだから。
選手やメインやバックスタンドに届かせようとするならば
それなりにスケールの大きな応援をせざるを得ないのだ。
(逆に狭い所いくと窮屈だけどな・笑)

それは冒頭書いたフィールドが舞台なのとは逆向きに
スタンドも舞台と捉えると面白いかもしれない
俺達はそこをホームにもつ事で俺達自身も育てられているのだ。
近々もっともっとデッカイ応援をしなけりゃならなくなるだろう
骨は折れるがやっぱり止められないね
続きを読む
posted by sin at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

#86 磁場

20070402143811[1].jpg
いつか書かなきゃ、と思いながらはや9ヶ月あまり
このブログがなぜ緑の磁場なのかの話

今、右サイドに出ている「プロフィール」に書いてあるように
僕の今居る自宅からアルウィンはすぐ近くにある。
(余談だが、畑はもっと近くで母親が言うには風に乗って
「なにか」が聞こえてくる時もあるらしい)

我々、田舎の人間は得てしてそうだが地元をバカにしがちである。
「アルウィン?ああ、あの道筋に出来たスタジアムね。それが?」
多分その人は(僕もだったが)
北側にある道路を車で走りながら横目で見ている「だけ」なのだ。
その角度からでは本当のアルウィンは分からない。

滑走路脇に用地があるせいで掘り下げて高さを稼いでいる
独特の構造のおかげで道路の位置から見える屋根からはスケールを感じない
そのせいなのか、全国のファンから羨ましがられる程は地元では
重要視されていないのが実際のところなのだね。

ところが南側のエントランスから入りフェンス越しにフィールドが見えると
自分の目が吸い寄せられるのが分かるんだ
天気の良い日だと芝生がキラキラと輝いてみえる。
そのすぐ側に取り囲むスタンド席からは死角なくピッチが見渡せそうなコンパクトさ。
『早く、早くもっと近くで眺めたい』自然に鼓動も、足も速くなる・・・

そう、僕は足を踏み入れたその日その瞬間からこの磁場に吸い寄せられたから
山雅のサポーターになったのです
山雅以外にどんなに素敵なチームが世にあまたあろうとも
「アルウィンに山雅ある限り」僕にとっては唯一の存在なんです
あの日からずっと、おれアルウィン教信者。
posted by sin at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

#73 もういーかい!

DSCF0665.jpg
春本番を思わせる日差しの元
ボールを追う選手の活き活きとした姿に
チームのグレードがまた上がったのを実感し
また、三々五々集まってくるサポーターの顔ぶれも
なんだか冬場とは違って昂揚感が見えている

なんだか堪らなくなって廻り道をしてアルウィンへと向かった
北側にある西南公園にはサクラの並木がある
まだまだ蕾は固いままだが、今年はこのままいくと開花も早いだろうね
4・8開幕に間に合ってしまうかも、だ

人々も自然もなんだか一気に背伸びしだしたこの三月。
もうすぐ南からあの大風がきて畑の土を飛ばし始めるんだ
やっかいな大風だけどアレは春の手土産。
通過儀礼の様なもの・・ガマンガマン

それよりもシーズンが近づいてるのを感じて
なんだか大きな声で呼びたくなってしまったよ
「もういーかいっ!」
posted by sin at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

#64 俺たちの約束の場所

DSCF0597.jpg
その下にやがて芽吹く緑を優しく包み

今は静かに静かに、雪が降り積もる

我らの心の聖地アルウィンで

いくつもの週末を共に戦った友よ

必ず、きっと必ずこの地で会おう!

あの場所で、待ってるから・・・
posted by sin at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

#60 豊田スタジアム

60回目の更新記念(中途半端w)
としてお隣り愛知県の豊田スタジアムを視察に行ってきました
いや名古屋グランパスvs浦和レッズ戦を見物してきた訳ですがね♪

まず注目は豊田スタジアム
素晴らしいデザインとの評判の巨大建造物でスタジアムフェチには
たまらん物件なんだそうな・・・

まずは豊田駅付近からぞろぞろと
見えてきたのは「ふざけんな橋」(ばらっくさん命名)
恐ろしく過剰なデザインの橋ですな!ちなみに手前の白いのは街灯のようです
DSCF0372.jpg
近づくと・・・デカイ!
人の大きさを基準に見るとあまりの巨大さにくらくらします
ゴジラになって壊したらかなりキモチいいでしょうなw
DSCF0374.jpg

そして、参加者数名がグランパスサポゆえホームゴル裏自由席へ
見上げるとこれまたデカイくせにエレガントな
なんとも存在感たっぷりの天井に圧倒されまくります
DSCF0383.jpg
そして圧倒、といえばレッズサポ!
何だコイツラは、と呆然としてしまいますた
いや、まぁ名古屋サポだって負けてないっしょ?ね!
・・・歌詞カードもらったんですが何やってるのか
完全にレッズの声量に潰されちゃって聞き取れません・・・
DSCF0388.jpg
お邪魔した身の上なのであんま言いませんが
相手が良すぎた部分は否めませんがね
ちょーっとホームチームとしてアレだったですよ

ですがピッチ上では前半はほぼイーブンの展開
そして後半、徐々にグランパスがスペースを取れる場面が増え
ついに後半34分ヨンセン選手がヘッドで決めそのまま名古屋勝利!
ファインゴールでした!
写真は急に元気になったゴール裏のみなさん♪
DSCF0390.jpg
そんなこんなで渋滞に苦しみながら、なんとか高速に乗り
marusanオススメのソースカツ丼を食いに駒ヶ根で下車
これもまたデカイw
なんだか今日はデカイものづいてます
でもしつこくなくて柔らかいカツとソースのマッチングが大変よろしゅうございました
いやいや盛りも素晴らしく、お腹いっぱいでございました♪
またどこかへ、視察に行きたいもんです。はい
DSCF0395.jpg
posted by sin at 23:17| Comment(5) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

#57一言で言っちゃうと

ふぬけてます。
更新サボッてボーっとしてたり、まぁ色々(笑)
とりあえず全くニュース性はないけれど10月にあった公式行事を
061014.jpg
まずは14日アルウィン清掃イベント。
何よりもピッチレベルに降りれた事が何よりも新鮮でね
ご褒美のピッチ使用はまず全力疾走してみた
何事も体感してみたいオヤジでありましたが・・・ムネ痛かったな
タバコやめてもう一年と5ヶ月経ってるんだけどなぁ
あとこの日JCのパルコ前でのイベントに行ったけど・・・
まー無かった事にしとこう
061022.jpg
続いて楽市楽座での山雅紹介ステージでのにぎやかし
この写真はmixi日記でボツにした画像
真ん中に人影が入っちゃってるのね。
この人テレビ松本の「FORZA!松本山雅」の司会もやってる百瀬さんね
色々やんなきゃいけないんだなぁ、と変に感心
来期もよろしくね!たまにはゴル裏来て下さいよ♪
061029.jpg
続いて29日やまびこドームで行われたファン感謝祭
かなり手作り感アリアリの集まりでした
来期はもっとデカク騒ぎてぇな・・・もちろんもっと年末迫ってね
白尾くんも矢畑くんも頑張ってきて下さい!続きを読む
posted by sin at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

#56 玉みがかざれば光なし

改めてこのブログを見返してみた
僕が本格的にアウェーまで行ったのは6月4日の松任で行われたフェルボ戦から。
アウェーの地のどこに行っても感じるのは「ウチのスタジアム」の素晴らしさ!

アルウィンで行われるゲームに足を運んでくださる「旅観戦者」の方と話すたび
僕は自慢の娘を見せびらかすバカ親父の様に胸をはって言い切るのだ
「このスタジアムはオレ達の宝なのです!」と(マジで言ってるw)

そんなアルウィンに行けない週末が続いてます
あぁ寂しい・・・
でも!また見知った顔がまた今週末集まります!
236701522_181.jpg
Thanks for our stadium “ALWIN”

日時:10/14(土) 10:00〜11:30 《雨天決行》   

10時にアルウィン正面玄関前にお集まり下さい。
遅れて来られる方も大歓迎です。

☆清掃場所:
@ロッカールーム前(ピッチレベルより一段下がったところ全般。スパイクを洗うところが2箇所あって、そのあたり)
A器具庫(アウェイサイドのゴール等をおいてある倉庫)
B観客席(メインのみ、鳥のフンを落とす程度)

☆持参する物:《所有している方は当日のご持参の御協力お願いします》
ほうき・ちりとり・雑巾・バケツ等

松本の、そしてなにより俺達の宝、アルウィンを愛情こめて磨いてあげましょう♪
こーゆー企画凄くスキです!

そして翌15日はテレビ松本「FORZA!松本山雅 総集編
「あの辺掃除したんよねー」なんてテレビ見るのも面白いし
なんつってもすべての観客をウルッとさせたあの映像が御蔵だしされます!
テレビ松本が見れるご家庭の方は是非録画を!!

では14日アルウィンでお待ちしております♪
DSCF0168.jpg
posted by sin at 20:30| Comment(2) | TrackBack(1) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

#38 夢をみた

ぼやけた視界に草原が見える

豊かに育った牧草が風に波打ちざわざわと揺れている

時折、陽光をきらりとはねかえすのは露だろう

徐々に焦点が合いはじめると間違いに気がついた

僕はアルウィンの椅子に座っており

牧草に見えていたのは

満員のバックスタンドの観客がウェーブをしているのだ

皆歓声をあげながらウェーブのリレーをしている

やがてそれはゴール裏を抜け僕の座っているメイン側に到達する

すると隣りの席の若者が僕に声を向ける

「やっと起きたのかい、じぃさんよ。ウェーブ、出来るかぃ?」

「馬鹿にすんじゃねえ!」と言いかかったのだが

喉がつまって言葉にならない・・・

ふと目線を落とすと首から下げたパスケースがある

中に入っているカードには「永年フリー入場証」と読めるが

その意味がよくわからない

その内にも観客の起した波は5列ほど手前まで迫ってきて

その熱気は増す一方である

(えーい!良くワカランがやりゃいいんだろ!)

「うひょーいぃぃぃ!」

あらん限りの声と共に僕は立ち上がった












と同時にベッドの衝立にヘッドバッドしていた・・・

暫らくは現実と区別がつかないほどリアルな景色だったので

自分の散らかった部屋を不思議な気持ちで眺めていたものだ

それにしてもあれは僕の幾つの姿だったんだろう?
DSCF0222.jpg
posted by sin at 21:48| Comment(8) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

#36 カミングアウト

去年の今頃はさまよっていたのです
勝手に仕事を辞めてしまい
それでも、家には言えず普通に出勤するように家を出ては
夕方帰るまで時間をやりすごす・・・
そんな空虚な日々を一月ほど続けてたのです

その前からちょくちょく観戦していた松本山雅の試合に
毎試合行くようになったのは
元々はそんな時間潰しの一環から。

でも、そんな感じでふらっと入った劣等感からか
メインスタンドの片隅でそっと見て、
終了のホイッスルとともに席を立つ。
そんなこっそり感ありまくりの観方をしていました。

昨シーズンの今頃は確かリーグ戦後期に入って首位に立っていて
「やるじゃん、山雅」
なんて自分の情けない状態を棚に上げて喜んでいたはず・・・
いや、自分の情けなさを無意識にすりかえようとしていたのでしょう
いずれにしても、チームの活躍は僕の心の霧を少し晴れさせたのです。

そんな昨年8月8日
激しい夕立の後の薄ら寒ささえ覚えるナイトゲーム
天皇杯予選準決勝・対エルザ戦
そんな僕のわずかな楽しみの元であった山雅が惨敗を喫したのです
僕の始めての(アウェイ)ゴール裏への“進出”
それは洗礼ともいえる厳しさを見せつけられた一戦でした
『一部のトップと二部のトップってここまで違うものなのか・・・』
悄然としながら、それでも最後まで席から立てず見届けてから
僕はやりきれない気持ちのままアルウィンを離れたのです

そんな、嫌な思い出のひとつと言えるかもしれないあの日
でももしかするとあれが僕の“傍観者”から“当事者”へ
「カチっとひとつ」気持ちがシフトし始めたきっかけかもしれません
それほど、選手の、サポのくやしさ、遣り切れなさが
傍観者の僕に伝わってきたのです・・・

そんなシーズン唯一のナイトゲームがまた明日まで近づいてきました
でも今年は違う!断じて違うのです!
またひとつぶち破るべき壁を“俺たち山雅”は粉々にする!
そして天皇杯長野代表まで駆け上がるのみ!
勝ち取ろう!天皇杯!!
posted by sin at 19:21| Comment(8) | TrackBack(1) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

#34 F.A.S! F.A.S!

最近あちこちで使われている
「フットボールのある週末」と言う言葉
ちょっと長いので略してみた♪
流行るかどうかは・・・微妙だね(笑)
とりあえずこのブログで数回使って様子を見よう(チキン!w)

さぁっ!どうやら空も明るいようだ!
リーグ戦中断前の大事な試合+県外からの居残り観戦者多数だぞ!
F.A.Sの空気をアルウィンに充満させようぜ!
DSCF0170.jpg
posted by sin at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

#21 待ってろよ

長野道を走ってくると、北からだと豊科あたり南からだと岡谷を越えたあたりで
「帰ってきたなぁ・・・」と実感する事が多い
昨日の弾丸バスツアーもやっぱりそうで、
別に溜めてた訳じゃないんだけど深〜く溜息なんかしてしまったり、
まだ先だっていうのにがさごそと荷物まとめだしたりどうにも落ち着かないのだね

で、高速を降りてバスはボディを、僕は腰を、ぎしぎし鳴らしながら
朝の集合場所をめざして最後の頑張りを見せる
すると信号を過ぎる度近づいていくんだよね、アルウィンが。

すごく当たり前なんだけどアルウィンはそこからは動かない
ずっと佇んでいるんだよね
なんでだかよく説明つかないんだけど
昨日は大屋根が見えた途端に『ゴメンな』って気持ちになっちゃってさ
柄にもなく日に二度も泣きそうになっちまったよ

とにかく今週末には信州ダービーだ
去年の屈辱(7・31/8・6)をまだ僕は覚えてるぞ
しつこいんだよ、僕は。ずーっと忘れねえぞ!

待ってろよアルウィン
今年は歓声で包んでやるからよ

DSCF0164.jpg
posted by sin at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

#13 聖域って

DSCF0157.jpg
最近のアルウィンでの僕の立ち位置から眺めるメインスタンド
ついこの間まで僕はあの中の一人だった
家族連れや、カップル、友人同士のかたまりの中にぽつんとね
だって一人は気楽だし嫌になったら帰ればいい
寂しくないって言ったら嘘になるけど、気楽さには換えられない

そうだったんだよ、本当に
だけど止められなくなったんだよ
日曜日が、ホーム戦が、堪らなく恋しくなったんだ
なぜだろう・・・

それはゲートを通った者にしか分からないかもね
11日のゲームに僕は仕事関係の知り合いを招待した
誰もが敗戦にもかかわらず高揚した言葉をかわしていた
それが答えの一部なのかもしれない
僕は彼らの反応をリトマス試験紙のように眺めている
(もっとも一番高揚してたのは僕だったけどw)

その内のA君が早速月曜日会社でPRを始めたらしい(いいぞ!)
同僚が「どこで見たのさ?」との問いに「ゴール裏!」と答えたら
「すげーな、あそこは“聖域”なんだよ」と言われたらしい
A君は「なんでだろうねぇ、声出して応援した方が楽しいのにね」と
僕に尋ねて来た(ふふふ・・・試験紙は“山雅色”だ)

ところでサポーター諸君、ゴール裏は“聖域”だろうか?
僕達は『選ばれた人間』かな?
No!俺らはただ好きなチームを力いっぱい声あげて励ましたいだけなんだ
だよな?

聖域、という言葉に相応しい地、それはアルウィン全てだ
ただしまだ今はそこまでに到達はしていない
人々の喜怒哀楽、欲望、失意、歓喜・・・それらをもっと吸い込ませねば。
今期はまだまだドラマが起きそうである。待ってろアルウィン
posted by sin at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

#08 スタンド

DSCF0057.jpg
さて、ワールドカップ目前である
戦前の予想とかはもう散々出てるし
僕らの生活レベルで予想されるのは
日本代表戦の後などはおそらく朝から晩まで
ダイジェスト映像が繰り返し放送される事だろう
そりゃもうゲップが出るほど見せていただけるに違いない

そしてまた大半の僕たちは
夜中テレビの前で、はたまたパブリックビューイングで
一喜一憂する事だろう
うん、悪い事じゃない。もちろん

ところで僕は30年来の阪神ファンである
古い人ならご存知であろう「江川事件」以来付かず離れず
本当に洒落にならない程しょぼい時も乗り越え
優勝争い常連の今日までなんとかファンを続けてきた

そんな僕が“聖地”甲子園へ足を運んだのはわずか4回
しかもオトナになってからである(当然かw)
距離もあるし費用もバカにならないからね

そして初めて訪れた僕は愕然とした
ものすごく当たり前の事だが通路を抜けスタンドへ出ると
視界の全てが「甲子園」なのだ
外野の芝生の緑も
フリーバッティングの音も
売店のカレーの香りも
僕の家のブラウン管で見えていたのは、ホンの一部だったのだ

しばらくして試合が始まる頃になると周りの席も埋まりだす
当然ながら関西弁が飛びかっている
聞き耳を立てるのではないが自然に耳に入ってくるのは
今日の仕事場での出来事の会話。
そう、彼らにはココにいる事は「日常」なのだ
僕にとっては大イベントなのに

しかし今はアルウィンがある
ブラウン管の向こう側にはない「生」のフィールドも
わが愛を惜しみなく注げる「チーム」も育っている
僕はこれからスタンドに通う事を「日常」にすることができるのだ
本当に幸せである・・・
posted by sin at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

#04 うまいんだな、これが

DSCF0055.jpg
僕が最近身近な人をアルウィンへ誘う時
一番食いつきのよい言葉がある
いままでこの言葉をかけて難色を示した男性はいない
「ビール、300円で売ってるよ」
まぁ僕が飲みそうな奴にばかり声を掛けてる
と言う説もあるのだが(笑)

でもやっぱり太陽と風とビールのとりあわせは魅力的だ
しかも眼前では熱い戦いが繰り広げられているのだ
うまいったらありゃしない

ゴール裏で、はたまたスタンドの片隅で
ビールを煽って騒いでる不謹慎者がいたら
多分それは僕です

そうそう5月14日BBQにアスパラ野郎として参加する前にも
しっかり飲んでました
その節はウルトラスのみなさんありがとう!
また機会があったら焼きソバ焼かせてねw
posted by sin at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

#02 スタジアムに行こう

DSCF0063.jpg
小学校の低学年の頃
なぜか一度だけ気難しい祖父が気まぐれを起こし
僕をバイクの後ろに乗せ高校野球を見物に行った事がある

バックネット裏のコンクリート剥き出しの席で二人並んで
土ぼこりが舞い上がるグラウンドをぼんやりと眺めていた
時代が時代である、華麗なるブラスバンドなどなく
部員達の声とどこかの酔っ払いのオヤジのダミ声がこだまするばかりで
すぐに僕は飽きてしまった

すると本日二回目の驚きがやってきた
「カキ氷食うか?」祖父が僕にこう尋ねたのだ
通りかかった売り子を呼び止めイチゴ味のカキ氷を二つ。
炎天下、汗をかいた器を落とさぬよう慎重に持ち
木のさじで突き崩しながら食べたその味は格別だった
舌が染まるような代物だったけれど幸せな思い出のひとつだ。

アルウィンでも本当に幅広い年齢層の観客が集まるようになりました
でも、まだまだ観戦の楽しみを知る人々は限られています
眼前に広がる美しいピッチを舞台に繰り広げられるドラマ
今日始めて、の人も
観戦のベテランも
今なら入場無料で、特等席。
posted by sin at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。